»あなたに合った脱毛器はこちら!

買ってはいけないヘアアイロンとは?3つ要素を説明します!

ヘアアイロンを購入するとき、どんなものを買えばいいのか悩みますよね。

特に最近は、種類がかなり豊富なので迷ってしまうこともしばしば。

そこで、そんな方がヘアアイロン選びに失敗しないよう、買ってはいけないヘアアイロンの要素を3つご紹介します!

ぜひ参考にしてくださいね。

買ってはいけないヘアアイロン①ストレートとカールの2way

買ってはいけないヘアアイロンの特徴①

まず、トレートとカール両方できると謳っているヘアアイロンは買わない方がいいです!

なぜかというと、ストレートとカール、どちらかに適していないためです。

確かに2wayなので、両方することはできるんですが…。形としてはストレートアイロンかカールアイロンのどちらかと同じです。

カールアイロンがぱかって開いてストレートアイロンになる仕様か、ストレートアイロンでカールもできるように丸みを帯びている仕様のどちらかのため、完全に両方に対応しているわけではありません…。

そのため、ストレートにしたいのにやけどしてしまう、カールにしたいのに上手く巻けないなど、結構被害者が多く出ます。

一見お得に感じる2wayヘアアイロンですが、機能性は高くないので注意してください。

買ってはいけないヘアアイロン②温度調整ができない

買ってはいけないヘアアイロンの特徴②

温度調整ができないヘアアイロンも、買ってはいけないヘアアイロンです。

調整がON/OFFしかなかったり、2・3段階しか調整がきかなかったり。

そんなヘアアイロンでは、自分に一番合った温度でのセットができなくなってしまいます。

合わない温度でセットすると、髪の毛が不必要に傷んだり上手くセットできなかったり…。

不利益を被ることが多いので、なるべく温度設定がないヘアアイロンはやめておきましょう。

買ってはいけないヘアアイロン③高い温度でないと効果が出ない

買ってはいけないヘアアイロンの特徴③

上記と似てはいるんですが、高い温度でないと効果が出ないヘアアイロンも要注意です。

髪の毛にとっては熱が大ダメージになってしまうので、なるべく低い温度でセットするのが一番。

でも、低い温度でセットできないヘアアイロンは髪の傷みを作り出す要素になってしまいます。

とはいえこの点は買うまでにわかることではないですよね。

なので、なるべく口コミを調べてから購入しましょう!

まとめ:おすすめのヘアアイロンとは?

買ってはいけないヘアアイロン

ここまで、買ってはいけないヘアアイロンをご紹介しました。

やはり気になるのは髪の傷みですね…。

なるべく傷みのないヘアアイロンを購入して、サラサラの髪の毛を保つのがおすすめです。

何が良いのか分からない方は、ぜひ以下のヘアアイロンをお試しください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA