»あなたに合った脱毛器はこちら!

脱毛器のケノンは最悪?デメリットと解消できる脱毛器をご紹介!

ケノンデメリット解説
悩める人

ケノンを購入したいけどデメリットが気になる…
本当に買っても大丈夫?

本記事では、そんな方に向けてケノンのデメリットを徹底解説します!

ren

ぜひ参考にしてください!

脱毛器ケノンの特徴

まずは、脱毛器ケノンの簡単な特徴をお伝えします!

情報ケノンの特徴
価格69,800円(税込み)
カラーパールホワイト・シャンパンゴールド・マットブラック・ピンクゴールド
保証期間最大2年間
照射回数50万発~300万発
照射方式フラッシュ式
本体サイズW215㎜×D290㎜×H90㎜
総重量約1.6㎏
製造国日本

メリットはこんな感じ。

ケノンのメリット
  • 全身1200回分使える高寿命
  • 保証期間が長い
  • 効果が高い
ren

詳しくケノンについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

ケノン公式サイトはこちらから!

ケノンのデメリットをご紹介

ケノンの特徴

効果が高くコストパフォーマンスも高いケノンですが、実はデメリットもいくつか存在しています。

ケノンのデメリット
  • 価格が高い
  • VIOに使えない
  • 重い
ren

1つずつ口コミとともに解説します!

ケノンのデメリット①価格が高い

ケノンは税込みで69,800円と、決して安くはない金額です。

もちろん脱毛サロンに通うよりはお得ですが、一気に7万円近い金額が飛んでいくのは少し辛いですよね…。

効果が変わらないのなら少しでも安い脱毛器を購入したいと思う方もおおいはずです。

価格が安い脱毛器はスムーズスキンピュア!

脱毛器を買いたいけど値段が気になる方には、スムーズスキンピュアという脱毛器をおすすめします!

スムーズスキンピュアは、価格がなんと46,200円(税込み)です!

ケノンが約7万円と考えると、3万円以上お得になりますね…。

もちろん価格が安いからと言って効果が感じられないということはありません。

詳しく効果について見たい方はこちらの記事を参考にしてください!

スムーズスキンピュア公式サイトはこちら

また、他の記事ではおすすめの安い脱毛器をまとめたのでそちらも合わせてご覧ください。

ケノンのデメリット②VIOに使えない

ケノンはVIOへの照射を推奨していません。

そのためケノンを使ってVIOの脱毛を行う場合は完全自己責任です。

また、ケノンに限らずですがVIOへの照射を推奨していない脱毛器はかなり痛い…。

痛みに弱い方は毎回憂鬱になるかもしれません。

VIOに使える脱毛器は脱毛ラボホームエディション!

家庭用脱毛器でVIOも処理したい方には、脱毛ラボホームエディションをおすすめします!

脱毛ラボホームエディションは、家庭用脱毛器のなかでも珍しくVIOへの使用も推奨されています。

以下の表をご覧いただくと分かるのですが、VIOへの使用を推奨していない脱毛器はかなり多いです。

脱毛器の名称VIOへの使用
脱毛ラボホームエディション
ケノン×
スムーズスキンピュア×
トリア×
2PSクリスタル×
ドクターエルミス0×
オーパスビューティー03×
ren

VIOをサロンでやりたくない方にはまじでおすすめです

脱毛ラボホームエディションの公式サイトはこちらから

ケノンのデメリット③重い

ケノンのデメリットとして、機械が重いことも挙げられます。

重さは約1.6kgと、ペットボトル1L約1.5本分です…。

なので長時間の使用は少しきついかもしれないですね。

軽い脱毛器はトリアのパーソナルレーザー脱毛器!

軽い脱毛器が欲しい方には、トリアのパーソナルレーザー脱毛器をおすすめします!

トリアのパーソナルレーザー脱毛器は、総重量がなんと約584g。

ケノンの3分の1しかありません。

また、家庭用脱毛器で唯一レーザー脱毛を採用しています。

そのため脱毛の効果はかなり高いです!

トリア公式サイトはこちらから

ケノンはデメリットもあるけど良い脱毛器

ケノン デメリット

本記事では、脱毛器ケノンのデメリットをご紹介しました。

ケノンを購入しようか悩んでいる方はぜひ、自分に合った脱毛器かどうかの判断に役立ててください!

ケノン公式サイトはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA